学習障害児の母の日記

字の認識が難しく話すことにも不自由している小学2年の息子と4歳の弟の日常をありのままに綴ります。

個性炸裂兄弟くん親子と焼そばパーティーをしました

近所の友達が鉄板を持参でランチに焼そばパーティーをしに来てくれました。



前日ラインで「家貸してくれる?」と連絡があり、何かと思ったらそういうことでした。



小6と小3の息子くんたちが少食らしく、前から夏休みの三度のご飯が辛い😭と言っていました。




わかる。うちもSくんが食べない系男子だわ😱




そのSくんはデイサービスだったので、友達親子3人をPちゃんと2人でお出迎えしました。




子供達に焼いたりさせれば楽しくてたくさん食べてくれるかも!という親の気持ちが満載なパーティーです。



しかし、というか案の定、『次男ズ』(と呼んでいる。Pちゃんと小3の男の子)は料理するより遊びに夢中。ノリが完全に同じな二人。内弁慶なところまでそっくり。



そこで大活躍したのが小6の良く出来たしっかり者の優しいお兄ちゃん。



野菜を洗って、ホットプレートで炒めて、味付けまで根気よく丁寧にやってくれました。



f:id:rainbowsoul:20190801231055j:plain



子供達は楽しそうに食べて、小6くんはなんと後片付けまでしてくれました😭



その上変なテンション(下ネタの悪ノリ😓)になっていたPちゃんのワガママ放題にもニコニコ笑って「いいよ~」と言って付き合ってくれていました。



神の子だ!



小6くんは手先が器用で、なんと趣味で手芸もするそうです!手芸男子!



なのでPちゃんは折り紙のリクエストをたくさんしていました。



小さなピョンピョンガエルをいくつも折ってくれて、Pちゃんはそれらのカエルに1つずつ顔を描いていました。




小6のお兄ちゃんは(お母さんいわく)ゴミに見えるほど小さい折り鶴を折って担任の先生に毎日必ず1つずつあげているそうです。(なんかすごくないですか?!じわじわとホレてまうやろ~😍)


お母さんの最大の悩みはこの小6くんが、(お母さんいわく)壊滅的に算数が苦手なことだそうです。わかります。勉強が壊滅的に出来ない子を持つ親の気持ち😭




小3の弟くんは学校で自分から誰かに話しかけることが出来ないそうです。休み時間は一人でチョロチョロしたり、図書室で本を借りてきて読んだり、絵を描いたり…(Sくんみたい☺️)


自分から質問なんて一切出来ないから先生の言うことを人一倍集中して聞くそうです。そうしないと自分が困るから。結果勉強や体育なんかもよく出来るそうです。


そして学校で誰とも話していない反動で家では暴言や暴力になるのだそうです。お母さんは彼のことをよく理解しているのでそのことに関しては悩んでない様子でした。(暴言暴力が耐えられる範囲内だとしてもすごいな!私なら痛みに弱いのでついやり返すな😅)


と言ってもこの小3くん、赤ちゃんや小さい子が大好きでPちゃんのことをよく面倒見てくれます。安心して任せて遊ばせられるお兄ちゃんです☺️




そしてこのお母さん、いつもすごいと思うのが、自分の子どものことをありのままにきちんと受け入れているのです。




すごいな~。出来るようで出来ないことかも😣せっかくだからちょっと真似してみようかな☺️





うちも大概ですが、どの家庭もエピソード満載だな!と感じて楽しいひとときでした。





個性って面白いですね。