学習障害児の母の日記

字の認識が難しく話すことにも不自由している小学2年の息子と4歳の弟の日常をありのままに綴ります。

冬休みの宿題ってこんなにあるの?!

こんばんわ



明日から冬休み。夏休みと違って短いから宿題はドリル一冊かな~楽勝!と思っていたら結構ありました。



f:id:rainbowsoul:20181221192425j:plain



思わず『えー!これ全部やるの?』と言ってしまいました。



まずSくんは自分の宿題を把握していない。




毎日何の宿題があって今日はこれをするという説明から始めます。



そして全部付きっきりでやるので、実質母の宿題でもある。





休みたい。体が悲鳴を上げている。



後でわかりやすい宿題一覧及び工程表を作って自分で出来るようにサポートしようと思います。毎回説明するとイライラ病を発病してしまう。予防策ですね(^^;





そしてこれ何?


f:id:rainbowsoul:20181221192925j:plain


解読不能


①は「さんぽ」だそうです。平仮名が一番苦手です。我が家は誰も散歩の習慣を持っている人はいないが、付き合わなきゃダメか?


②はおもちゃなど散らかしたものを片付けるということだと思います。Sくんこれは得意です。


③はお手伝いでしょうね。自分のものと弟のものをたたんでもらおうかな。



④はSくんに説明をしてもらってもさっぱりわかりません。こんなに日本語って通じないものかというくらいさっぱりわかりません。



⑤は公園で焼き芋を食べると書いたつもりのようです。勝手にそんな冬休みのお約束しないでほしい。




色々起こりそうな予感はありますが、冬休みどうなるかな?うちはなんの予定もないのですが、例年通り実家や公共施設で経済的に最大限に楽しめるといいです。