学習障害児の母ときどきミニマリストのスピリチュアル日記

字の認識が難しく話すことにも不自由している小学1年の息子との日常をありのままに綴ります。

「自分の力を信じる」

こんばんわ



学習障害児Sくんの母です。



弟Pちゃん3歳(もうすぐ4歳)は、明日保育園の発表会。今までたくさん練習してきて、明日は大きな舞台でライトをたくさん浴びて、お遊戯やリトミックやピアニカの演奏をします。




今日は前日の会場リハーサル。




『今日Kちぇんちぇー(担任の先生)は踊らなかった。自分達の力をちんじて(信じて)やった』



目に浮かびます。先生がそうするように言ったのでしょう。保育園ではなく会場となるホールでのリハーサル。子供達も緊張していたでしょう。




いい言葉だな。自分の力を信じる。




明日もそういう気持ちで精一杯やってね。




f:id:rainbowsoul:20181206223713j:plain




来年度からは幼稚園へ転園予定。Sくんの時感じましたが、やはり幼稚園と保育園では雰囲気が全く違います。最後の大きな保育園行事。満喫したいです。



平日なので私一人で観に行きます。Pちゃんと二人で早朝出発。



Pちゃん出産の時・・・Sくんが原因不明の高熱で、予定帝王切開の当日Sくんが検査入院という予定になってしまい、主人もそちらに付きっ切りだったので、手術室にお腹のPちゃんと二人きりで入って行って産んだなー。



そんなことを思い出します。あっという間の生まれてから今まで!明日泣かないようにしないと。というかビデオ撮影頑張って来ないと。得意ではないので軽くプレッシャーです。




最後までお付き合いいただきありがとうございます。


f:id:rainbowsoul:20181206221719j:plain