学習障害児の母の日記

字の認識が難しく話すことにも不自由している小学2年の息子と4歳の弟の日常をありのままに綴ります。

支援学級の担任の先生が好きです

こんばんわ



学習障害児Sくんの母です。




またまた連絡帳にこのようなことが。


f:id:rainbowsoul:20181116180459j:plain



23位って最後だろうな(^^;



Sくんに聞いてみます。



母『マラソンはどんどん走っていいんだよ』



S『ハシレナイ。足が痛くなってくる』



なるほど。23位、実力。



ということは、先生はSくんがもっと出来ると思ってくれていて、頑張らせたい親心?



なんか、嬉しくなりました。



一昨日も支援学級の畑で採れた大根を頂きました。酢の物と味噌汁にしました。おいしかったです。


f:id:rainbowsoul:20181116181444j:plain


先生、本当に感謝しています。Sくんが6年生までいてほしいな!



最後までお付き合いいただきありがとうございます。

f:id:rainbowsoul:20181116181204j:plain