学習障害児の母の日記

字の認識が難しく話すことにも不自由している小学2年の息子と4歳の弟の日常をありのままに綴ります。

支援学級の人間模様

こんにちわ



学習障害児Sくんの母です。



Sくんいつも唐突に愚痴を言い始めます。



Aちゃんのこと。過去の記事はこちら。

rainbowsoul.hatenadiary.com



昨日は図工を協力学級で一緒に受けたようです。席は支援の子はいつも前後でくっついています。つまりSくんとAちゃんはいつも前後の席順。先生の都合上。



今回のクレームは作品を汚されたというもの。




『ほくのライオンにAが落書きした』



おぉ、それはいやだね。




『ぼくのライオンの顔にバーってかいた』



あらら。



『ぼくライオンにしたかったのにトラになっちゃったんだよ』



顔に線をかかれたのでトラのようになってしまったらしい。



残念!



言ってる本人に悲壮感はなく、でもずっと訴えているので、連絡帳に書くのが面倒で学校に電話しました。



夕方5時を回っていたので先生は帰ったとのことでおらず、仕方なく連絡帳に書くことに。



Sくんが図解するかのような絵を描いたので連絡帳に張り付けておこう。


f:id:rainbowsoul:20181026184810j:plain


それ以外にも支援学級で暴れぎみの子がいると聞いたので先生と話したかったのですが。



その暴れぎみの子にAちゃんはいじめられてるとSくんは訴えてきました。



『それを見てSはどう思った?』と聞いたら、



『(Aちゃんが)ちょっとかわいそうと思った』と言いました。



公正でよろしい。



その後はイキイキとAちゃんのハチャメチャ行動を私に暴露していました。



SくんにとってAちゃんはどんな存在?イヤで気になって見ちゃう。そんな感じ?



だってAちゃんが体育の時に体育座りせず、だら~っと座ってることも報告してくる。



一緒に階段を降りていたらAちゃんがジャンプして降りるから危ないよね~などとも言ってくる。



AちゃんがSくんのことを『Sちゃん』と言うのが嫌だとも。



聞いていると『プッ』と吹き出してしまいそうになります。




支援の先生を打ったりしてるとも言っているので、現場は大変だと思います。



きっと来週連絡帳を見たらまた先生からお電話いただくことになると思います。



ライオンがトラになった件はSくんがその時本当に嫌な思いをしてしまったかどうかがわかれば私はトラでもいいです。フォローはなんとでも出来るので。



暴力が気になるので、少し聞いておこうと思っています。支援学級の単位で活動する時もあるので。


最後までお付き合いいただきありがとうございます。


f:id:rainbowsoul:20181026191322j:plain