学習障害児の母ときどきミニマリストのスピリチュアル日記

字の認識が難しく話すことにも不自由している小学1年の息子との日常をありのままに綴ります。

虹にまつわる不思議な体験

こんばんわ



学習障害児Sくんの母です。


久しぶりにスピリチュアルのカテゴリーで書いてみます。



先程保育園のお迎えの時久しぶりに虹を見ました。



f:id:rainbowsoul:20181019170706j:plain



idにもrainbowを使っているし、ブログの最後にも虹を貼り付けています。無意識で選んでいるのですが虹を掛けることでいいことを共有できるような感じがするというのもあります。



その割には最近空を見上げていませんでした。



それで思い出したのですが、小学校高学年のとき家族で高速道路を使って帰省中に、高速の両脇から虹が出ていたのです。つまり高速道路の上に虹の橋が掛かっていたのです。



家族で『だんだん近づいてんで!どうなんのかなぁ?』なんて言っていました。



結果、くぐれました。



しかも振り返ったらそのままそこにまだ虹がありました。


虹を真正面から入って、くぐって、後ろ姿まで見たということです。



後部座席で後ろを振り返って『まだ見えんで!虹の後ろ姿や!』と言ったのを覚えています。




先程調べてみました。



科学的には不可能なようです。



あれ?思い違いじゃないよな。



高速は東名高速



関東方面から西へ向かっていました。



母に電話をしてみよう。



『あ~そんなんあったなぁ、ハハハハッ』



彼女の記憶は虹をくぐる瞬間まで。真横に地面から虹が生えているように出ているのを見た、というもの。



私が『虹の後ろ姿や!』と言ったとき、母は『ホンマに?』とか言ってた記憶があります。




父にも電話しよう。



『あったねぇ~でも虹はくぐられへんねんで 、
ハハハハッ』



そうか、父の記憶は高速の両脇から虹が出ていたのは見たがくぐったのは記憶にないし不可能だ、というもの。



今から30年以上も前の話です。みんな記憶が・・・




千と千尋の神隠し』の最後のシーンの気持ちになりました。千尋がトンネルを抜けて振り返ると何もなかった。でも髪ゴムがキラリと光って、あれはうそじゃなく実際に体験した世界だったと物語っている。




不思議体験はそんなにない方なのですが、この虹の一件は私にとっては絶対的で、家族で経験した最高の不思議体験でした。





ところで、


我が家は明日から一週間ハロウィンウィークです。パーティーに始まりパーティーで終わる予定です。子供達が寝静まったら飾りつけとお菓子の準備です。神隠し並の異空間は出来ないけど、朝起きて子供達が喜ぶような飾りつけにしたいと思います。そして不思議体験並のハロウィンになるといいです。



最後までお付き合いいただきありがとうございます。

f:id:rainbowsoul:20181019184701j:plain