学習障害児の母ときどきミニマリストのスピリチュアル日記

字の認識が難しく話すことにも不自由している小学1年の息子との日常をありのままに綴ります。

運動会でうれしかったこと

こんばんわ



学習障害児Sくんの母です。



今日は小学校の運動会でした。



うれしかったことが4つありました。



① Sくんが自分のチームをすごく応援していたこと。今まではチーム分けなどはあまり理解していないようでした。出場した綱引きでは負けて悔しかったのか、『榛名(相手のチーム名)めっちゃ強かった』と悔しそうに言っていたので成長を感じました。



② 日頃勉強や生活を見てもらっている補助の先生に初めて会えて誉めてもらえたこと。『勉強はちゃんとやらなきゃ』と言って頑張っているそうです。先生の言うことも『うん、うん』と言って聞いて真面目に取り組めているそうで、もう一人の先生と『癒される~』といつも言ってくれているそうです。とてもうれしいです。


③ おばあちゃんが初めて運動会を見に来てくれたこと。片付けを始めてから本当に変わりました。身軽になったのだと思います。疲れたかと思ったら夕飯まで誘ってくれました。うれしくてありがたいです。


④ お母さんたちと楽しく交流出来たことです。育児の過程で一緒に楽しく過ごせる仲間は心強くて楽しくて、会うとついついテンションMAXで競技もそっちのけになりそうな勢いでした。感謝の気持ちでいっぱいです。




あれ?


競技やダンスは?



想定内の結果でした(^^;




Sくん、楽しい思い出をありがとう。


f:id:rainbowsoul:20180922213526j:plain



最後までお付き合いいただきありがとうございます。

f:id:rainbowsoul:20180922213037j:plain