学習障害児の母の日記

字の認識が難しく話すことにも不自由している小学1年の息子と4歳の弟の日常をありのままに綴ります。

音楽が大好きです

こんばんわ


学習障害児Sくんの母です。



昨日久々にロックを聞いて、自分が音楽が好きだったことを思い出しました。



忘れていたことにビックリです。



以下、音楽に関するただのメモです。






積極的に音楽に関わるようになったのは高校時代。


プリンセスプリンセスコピーバンドでドラムを担当してました。


こんなロックなナンバー、かっこいい。


youtu.be


やっぱり演奏上手いですね。



解散ライブ行ったなー。



青春でした。







マイケル・ジャクソンは小学生の頃から大ファンでした。


この映像を見て子供心ながら、『マイコー、セクシーだなー』と思っていました。


youtu.be


亡くなったときは衝撃でした。


映画『This is it』は二回観に行きました。


泣けましたが、音楽の力でマイケルがまだ生きているように感じます。



息子たちもマイコー大好きです。



ハットをかぶってムーンウォークを怪しく踊りながらなりきっています。





二十歳くらいにハマったバンドはガンズ・アンド・ローゼズ


youtu.be



アクセルローズのセクシーさとクレイジーなタトゥーがたまりません。


セクシーなミュージシャンが好きです。


スラッシュのギターもないてる。


ライブで女性がほぼトップレスになってしまう気持ちがわかるな。


Pちゃんが興奮すると脱ぎ出す気持ちと同じか。





高校時代から歌やダンスを真似していたのはマドンナ。

youtu.be


これは『ヴォーグ』の日本公演ですね。


この歌好きです。


なんでもガガさんの『Born this way』が似ていると話題になったとか。





20代も後半になるとジャズにどっぷり。


自分でもやってみたかったけど、難しかった。



今でもマイルス・デイビスの『So what』などを聴くとうなってしまうくらい興奮します。




忘れもしない29歳のとき、サルサに出会って人生が変わりました。


これぞ私の魂が求めていたリズム。


踊って音楽と一体化していく楽しさや喜び。


完全に自分を解放出来ました。



キューバなんか最高ですね。



アメリカ音楽からキューバ音楽へ。



音楽に国境なんかないですね。



結果サルサが自分にはまりすぎて当たり前になって、音楽を好きだったことをすっかり忘れていました。






ちなみに30代前半、Sくんが生まれる前に家庭教師に行っていた漫画好きの中学生の影響で『のだめカンタービレ』にハマりました。




クラシックはお堅いと思っていましたが、ミュージシャンはみんなアーティスト。



クレイジーなキャラも手伝って、クラシックが身近になりました。



二ノ宮知子氏、ブラボーです。




音楽に乾杯!



最後までお付き合いいただきありがとうございます。


f:id:rainbowsoul:20180825191310j:plain