学習障害児の母ときどきミニマリストのスピリチュアル日記

字の認識が難しく話すことにも不自由している小学1年の息子との日常をありのままに綴ります。

Pちゃんがまたほんの一瞬大人に

こんにちわ



学習障害児Sくんの母です。



昨夜はPちゃんがお兄ちゃんにクッションを何度も投げつけ、ついに耐え切れずSくんが投げ返した時コップに当たってコップ2杯分のカルピスが部屋中に飛び散りました。



怒る気力もない母。



カーペットやら布団やらクッションやら床やら、全部ベトベト。



片付けながら、



『絶対話しかけないでね』



と一言。




激怒のオーラが出まくっていたことでしょう。





寝る前Pちゃんが近くに来て何度も、



『あのぉおにーちゃんぶってごめんなちゃい』


と謝ってきました。



『もうやらないでね』



と言ったらホッとしたのか、






『あのぉ、ママが怒ったらこわいけど、その(怒る)気持ちはわかる』




と、また大人びた口調で。



上から。





なんだろうPちゃんの一瞬大人になるバージョン。







翌朝はこのようにふざけまくって朝食なんか食べませんでしたが。



f:id:rainbowsoul:20180824123233j:plain



3歳の男の子って、どんな風に感じたり考えたりしてるんだろう?



最後までお付き合いいただきありがとうございます。


f:id:rainbowsoul:20180824135222j:plain