学習障害児の母の日記

字の認識が難しく話すことにも不自由している小学2年の息子と4歳の弟の日常をありのままに綴ります。

個性として捉えてもいいものか

こんにちわ


学習障害児Sくんの母です。



昨日は午後Sくんと義母のお見舞いへ。



ちょうどいとこちゃんたちもいて賑やかになりました。



そこでちょっと気になることが。



先週の金曜日、義母の家にうちの男衆が行って、いとこちゃんたちと合流しました。


その日の夕方義母は救急搬送、Sくんは発熱したんですけど。



で、今日いとこちゃん(中1女子)はすかさず私に、



『ねぇSくんママ~、この前PちゃんとSくん、ケンカすごかったよ!Pちゃんブンブン叩いてたよ!すんごい顔してたし』




義母も、



『Pちゃんどうしちゃったん?怖い顔してにらみつけて、パパのことげんこつで顔を叩こうとしたから、慌てて止めたんだよ。あんなに可愛らしかったPちゃんはどこいっちゃったん?って感じだよ~。ヤンキーだよ、あれ、本当に!ギャハハハ』




・・・・・・



そうなんです。



不良息子。




というか、身内とは言え自宅以外での素行の悪さ。



心配になりお見舞いからお迎えに直行して、それとなく先生に聞いてみました。



保育園ではちゃんとやっているようです。



むしろ私がそんなことを聞いてきたことの方がビックリ、といった反応の先生。





とりあえずお友達を傷つけたりはしてないようなのでホッとしました。




Sくんは家でも外でも同じです。




Pちゃんは保育園では自分を演じて、家では最大限に感情を出しまくっているのでしょうか。




それにしても殴り合いのケンカはしないでほしいです。



f:id:rainbowsoul:20180821180229j:plain


後ろから見たらそっくりでどっちがどっちだか。





なのに、



個性ってすごいなと、




育児を通してしみじみ感じます。






ん?


個性で片付けていいんですか?




しばらく自問自答します。





最後までお付き合いいただきありがとうございます。


f:id:rainbowsoul:20180821173246j:plain