学習障害児の母の日記

字の認識が難しく話すことにも不自由している小学2年の息子と4歳の弟の日常をありのままに綴ります。

はじめての置き手紙

こんにちわ


学習障害児Sくんの母です。




今朝、Sくんは病み上がりだったからか、よく寝ていました。




Pちゃんの保育園の送りの時間になっても起きて来ません。




行き帰り10分ちょっと。



寝かせておきたい。



でも起きてしまったら、誰もいなくて心配するかな?



思い切って置き手紙をして行ってみよう!



ということで書きました。



f:id:rainbowsoul:20180821120206j:plain



読めない可能性もあるので不安でしたが決行。





Pちゃん、今朝はお利口でした。



スムーズに帰って来たら、Sくんがボーッと座って置き手紙を握りしめていました。



母『読めた?わかった?』



S『うーん、ちょっとここ』



何文字か読めませんでしたが内容は十分わかったようで置き手紙作戦、大成功!



こんな日が来るとは(T-T)



今日は午前中ばぁちゃんに宿題を見てもらっていましたが、2階で仕事をしている私にもSくんの叫び声が聞こえてきました。



どれだけ苦しんだんだ。



終わって、


『ちょっとつかれたー』



と言いながら仕事部屋にやって来ました。




Sくんの学校は来週から2学期が始まります。



また宿題を見ながらイライラが始まって、後頭神経痛が続くのかしら(ToT)



最後までお付き合いいただきありがとうございます。


f:id:rainbowsoul:20180821115644j:plain