学習障害児の母ときどきミニマリストのスピリチュアル日記

字の認識が難しく話すことにも不自由している小学1年の息子との日常をありのままに綴ります。

一瞬大人だったPちゃん

こんばんわ



学習障害児Sくんの母です。



昨夜のPちゃんが忘れられません。



Pちゃん、なんだかんだ言ってママがいないと寝られません。



そうね、まだ3歳だったね。



パパとお兄ちゃんが先に寝てしまい、1人で寝付けず私のところへやって来ました。



あれ?


変なゲップばかりしています。



すぐに調べてみたらストレスでなる場合もあるようです。




最近怒ってばかりだったな。




悪かったな。




一緒に布団に入りました。




謝りたい気持ちになりました。




『Pちゃん、ごめんね』





すると、



『Pちゃんのことは心配しないで』



まるで察したかのようなハキハキとした返事。





べったりくっついて寝て嬉しそうだったので、



『うれしい?』




と聞いたら、






『そりゃうれしいよ』




受け答えが妙に大人です。





いつもならうまく喋れず、





『ちんぱいちないで』


『うれちいよ』




になるはずなのに、



ハキハキ話していてびっくりしました。







朝起きたらいつものPちゃんに戻っていました・・・




何だったのかな。




Pちゃんという人間をもっと客観的に観察してみたくなりました。


f:id:rainbowsoul:20180813031415j:plain




最後までお付き合いいただきありがとうございます。


f:id:rainbowsoul:20180813030657j:plain