学習障害児の母ときどきミニマリストのスピリチュアル日記

字の認識が難しく話すことにも不自由している小学1年の息子との日常をありのままに綴ります。

大満足の穴場の博物館

こんばんわ


学習障害児Sくんの母です。



今日は午後、以前から気になっていたとてもレトロで小規模な博物館へ行って来ました。


その名も『コノドント館』。



建物は大正時代の銀行だそうです。


コノドント館 みどり市大間々博物館

f:id:rainbowsoul:20180812162514j:plain





古代生物コノドントと言えば、Sくんが幼稚園の年長さんのときに作品展のために作った立体作品です。


f:id:rainbowsoul:20180812160313j:plain


作風が激しいです。


作品展を見に行ったときは内臓かと思いました。



コノドントの想像図がこちらです。


f:id:rainbowsoul:20180812160415j:plain


生き物というかこの特徴ある歯をコノドントと言うのだとか。



Sくんはタラコ唇風にして表現したようです。



とても小規模ながら展示物の化石や恐竜の頭骨や骨格のレプリカ等は立派で、建物のレトロな雰囲気も手伝ってワクワクしました。




恐竜の3D映像も見ました。


何度も言いますが、小規模ながら迫力がありました。


小さいお子さんは泣いていました(ToT)


私も感動や驚きの声を気楽にもらしながら楽しみました。






タルボサウルス。

f:id:rainbowsoul:20180812161120j:plain


大きいです。




博物館のイメージキャラクター。

f:id:rainbowsoul:20180812161221j:plain


コノコちゃんとドントくん。




クイズやアンケートに答えてお土産もいただきました。


サファイアとルビーのさざれ。
サメの歯。
アンモナイト



そして1人1つご自由にお取りくださいということで、母岩についているガーネットの原石をいただきました。



石が大好きなのでうれしすぎました。




電車の運転も。


f:id:rainbowsoul:20180812162055j:plain

Pちゃんはタイムマシンだと思い込んで『10億年前へ!』と叫んでいました。


見かねた係員さんがちゃんとした操縦の仕方を指導してくれました。



が、



SくんとPちゃんは一切聞いていませんでした(ToT)




大穴場でした!



最後までお付き合いいただきありがとうございます。

f:id:rainbowsoul:20180812161904j:plain