学習障害児の母ときどきミニマリストのスピリチュアル日記

字の認識が難しく話すことにも不自由している小学1年の息子との日常をありのままに綴ります。

学校のテスト

おはようございます


学習障害児Sくんの母です。



学校では一学期のまとめでしょうか、国語はひらがなテスト、算数は足し算と引き算のテストがあります。





国語は気付いたら終わっていました。



テストはSくんはやらないだろうと思い込み、お便りにあった日程などは見ていませんでした。



協力学級では受けずに、支援学級で5問くらいの2文字単語のテストをして合格をもらって来て初めて受けたことに気付きました。




満点合格なので、何度かやったのでしょうか。



算数はこれからで、協力学級で一緒に受けるようです。




支援学級の担任の先生がチャレンジさせたい旨、連絡帳に書いてありました。



10までの足し算引き算で、『おたすけだんご』(丸を書いて数える方法)を使えば普通に出来ます。


ただ注意力はあまりないので、足し算なのに引き算をするとか、数字が鏡文字になるとか、おだんごの数え間違いなどのケアレスミスはしょっちゅうです。



こちらは90点合格のようですがクリア出来るかどうかです。



その練習のためか週末は算プリの宿題がたーっぷり出て、Sくんバテてました。



f:id:rainbowsoul:20180708162627j:plain




問題の答えを間違ってバツをつけられると泣いちゃうSくん。



テスト、強い心で挑んでおくれ。




最後までお付き合いいただきありがとうございます。



f:id:rainbowsoul:20180708162702j:plain