学習障害児の母ときどきミニマリストのスピリチュアル日記

字の認識が難しく話すことにも不自由している小学1年の息子との日常をありのままに綴ります。

地底世界とパラレルワールド

こんにちわ



学習障害児Sくんの母です。




今日は朝からビデオ鑑賞をしていたSくんとPちゃん。


ドラえもんの『のび太の創世日記』です。


1995年の映画です。


夏休みの観察日記を書くために創世するのですが、出来た地球が空洞で地底世界が。


大昔に地上から追われて来た虫たちの楽園です。


その虫たちにもう一度地上の楽園をということで、地球をコピーしてプレゼント。


パラレルワールドの概念でしょうか。


内容に驚きを隠せません。


20年以上も前にこんなドラえもん映画があったとは。




新海誠監督作の『星を追う子ども』(2011年)も地底世界ネタでした。


君の名は。』もパラレルワールドで時空を行ったり来たり。





地底世界ネタが好きすぎて、関連本も数冊所有し愛読してます。



f:id:rainbowsoul:20180701112021j:plain




多次元宇宙に関しても考えるとワクワクします。


Sくんが好きで観ていたウルトラマンシリーズも光の戦士なだけあって多次元宇宙ど真中で、映画版などは映像も美しく一緒に見てました。





子供が自然にその概念を理解できる様になるための様々なメジャーなマテリアルがあるもんだ、と驚いております。



5次元ブームみたいなところがありますが、私自身はすっかり5次元の住人だと思い込んでます。


だって回りにいい人しかいません。



地上でのこの生活も気に入ってますが、訓練して意識だけでも地下世界に行ってみたい!



果実や野菜が美味しいらしい!



食べ物かい(゜o゜)\(-_-)





Sくんは将来宇宙飛行士になりたいそうです。


その前に先延ばしになっている宿題をやろうか。



宿題をやるSくんとやらないSくんのパラレルワールド


未来が分かれるよ、フフフ



最後までお付き合いいただきありがとうございます。


f:id:rainbowsoul:20180701111605j:plain