学習障害児の母ときどきミニマリストのスピリチュアル日記

字の認識が難しく話すことにも不自由している小学1年の息子との日常をありのままに綴ります。

支援学級で授業参観

こんばんわ


学習障害児Sくんの母です。





今日は午後授業参観でした。


支援学級での算数を中心にした授業でした。



f:id:rainbowsoul:20180614161730j:plain




引き算の文章題を作って解くという勉強。


先生が色々なマテリアルを駆使して楽しく学びます。




お友達と二人の授業でしたが、先生が個別でよく見てくれるのでSくんにはちょうどいいと思います。




やはり集団だと、まず早さについて行けず、授業もボーッとして終わるのが目に浮かびます。何も頭に入ってないみたいな。




一生懸命に勉強してる姿を見て、『あ~この子頑張ってるな。』と思えました。



いつも宿題で、音読などはまず字を目で追えないのです。挿絵に見入ってしまう。



算数もまだ数字を認識出来てないから計算は大変。文章題は字が読めないので一人では無理。



だからいつも付きっきりです。


たまにイライラして絶対言ってはいけないことを言ってしまう。



『なんで出来ないの?』



『やる気あるの?』



言った後にすごく後悔。



Sくんは泣くし、私は吐き気。





今日の学習の様子を見てよかったです。




一つ一つ頑張っているSくんを見て、私も勉強がしたくなりました。



関わってくれてるみなさんに感謝したい気持ちでいっぱいです。



そしてSくんは、、、


教科書もノートもふでばこも学校に忘れてきました。


宿題どーする?(-""-;)




最後までお付き合いいただきありがとうございます。


f:id:rainbowsoul:20180614155903j:plain