学習障害児の母の日記

字の認識が難しく話すことにも不自由している小学1年の息子と4歳の弟の日常をありのままに綴ります。

今日は何かに気付いたのか進んで宿題をしていた

昨日の育児イライラMAXの記事をSくんと同じクラスのお母さん友達が読んで連絡をくれました。


rainbowsoul.hatenadiary.com


育児あれこれをシェアしてくれて随分楽になりました。



感謝ですm(__)m (スターをつけていただいたり、コメントをいただいたりしたことも力になりましたm(__)m )



昨日は本当にSくんのことはノータッチでいたら、案の定宿題をやりませんでした。




今朝8時前にやっと時間割を揃えて登校しました。



学校、間に合わなかったのでは(--;)



口を開くと『早く!』としか言わない自分自身にストレスで限界気味なので今朝は何も言いませんでした。



遅刻したり、忘れ物したり、宿題をやっていかないことによって感じることはあるのかな?



今日はSくんの帰宅後、私は仕事と保育園のお迎えへ。



『宿題やってなよ』とSくんに声を掛けて30分程留守にしました。



帰ってきたら辿々しく音読をやっているではありませんか!こたつで寝転んで。



『ママ~、算数手伝って!』



ホイホイ手伝いました。よろこんで!



連絡帳を読んだら、支援学級の担任が昨日までインフルエンザでお休みしていたそうです(ToT)



私がぶちギレた宿題プリントは、今日コピーし直して図解して説明してくれたようです。



Sくんはまだ理解していないようですが、支援の手が入った気持ちで少しホッとしました。



今日はSくんは宿題と明日の準備を自主的に出来た気がします。弟にかなり手伝わせていたのが気になりましたが(^^;




一年前、とりあえず学校は生きて帰ってきてくれさえすればいいと思っていました。



Sくんに望むことが多くなったということは成長してる証拠でしょうか。




これからも出来る時と出来ないときがあると思いますが、道のりが長いので、Sくんとの距離感と自分の心との折り合いをコントロールする必要があると感じました。



中古の本屋さんに立ち寄ったら、「最近発達障害が増えている」という内容の本が目に入り、購入はしませんでしたが、発行年月日を見たら2010年でした。



Sくんは2011年生まれなので、ど真ん中だ!と思いました。



きっとSくんが社会に出る頃には世の中の理解も今より随分進んで、それぞれの特技を生かし合える社会になっていることでしょう。




子供はあっという間に大きくなるのだろうけど、ゆったり心構えを保てるようにしたいです。

育児ノイローゼの入り口に立った気がしました

発達障害だとわかっていても日常の育児はキツイな、と感じます。



Sくんの出来ることと出来ないことがまだまだ未知で、親としてSくんに辛く当たってしまうことが多いです。



自己嫌悪の日々。



基本的にSくんは食べない子です。



給食もあまり食べていない様子。嫌いで、または食べず嫌いで手をつけなかったり、お友達が面白いことをしてそれを見て笑ってるうちに食べずに給食時間終了なんてざらです。



家でも最近食べません。



弟が食べ終わるくらいにやっと肉をひと切れ食べ終わる。放っておくと二時間かかっても食べ終わりません。もう寝る時間だけど、という日々。



離乳食から食べなかったトラウマで、Sくんが食べないと自分でも感情のコントロールがきかなくなるくらい罵ってしまいます。




つらい。やめたくてもやめられない。



過敏症なのも食べない一因だと思います。同じ食べ物でも銘柄が違うと全く食べない。変化に弱いのもあるし、臭覚はかなり敏感のようです。



感染症の潜伏期間じゃなきゃいいのですが。



勉強も今算数でやっていることが全く理解出来ておらず、そのまま宿題を持ち帰って来るもんだから大変です。



かつてイライラしすぎて宿題プリントをビリビリにしてしまったことがあり(私が)、二の舞にはなりたくないのでかろうじて留まり、でもおさまらず、赤のペンでプリントに「全くわかってないから説明のしようもなく困っています」と大きく書いて持たせるというヒスを起こしてます(ToT) Sくんはもちろん泣いている。


Sくんに言葉が通じない。説明してもしても通じない。絵を描いても通じない。



96は10が9個と1が6個、といった類いの問題です。10の位とか1の位ってもうチンプンカンプン。





「だから10が9個なんだから答えは9個って書くんだよーーーー」



もう怒鳴ってます。



何度言っても90と書き続けるSくん。消しても消しても泣きながら90と書き続ける。




Sくんもそうだと思いますが私も宿題が恐怖です。



それに加え、ひらがながどんどん読めなくなってきています。漢字をインプットした分ひらがなはどこかへ飛んで行ったのか? そもそも漢字はインプットされているのか?



何でもまず文章の読解力ですね。Sくんは言葉の理解力からですが、育つものなのか、そのままで一生付き合っていくものなのか、、、







せめて、せめて、ご飯はちゃんと食べて欲しいな。




宿題見るの、ちょっと休むかな。




協力学級のペースについていくの、限界かも。



比べないでいたいのですが、持ち帰る宿題が協力学級のものではこちらもイライラがつのるばかり。




無理があること、少しやめて様子見てみます。

マイペースな4歳児に振り回されています

また弟Pちゃん4歳のネタなのですが。


というか、ネタを挙げると切りがない。




いつもはお兄ちゃんと一緒におやすみーと言って寝に行くのですが、昨夜はママと一緒じゃないと寝れないと言うので一緒に布団へ。



本人が『僕はポッチャリ系』と言ってるだけあって柔らかくて気持ちいいのでくっつくと、



『ママはもう大人なんだから一人で寝れるでちょ』



と言ってグイグイ私を蹴りました。




一緒じゃないと寝れないけどくっついては寝たくないってこと? なんか複雑。




今朝は起きるのが遅く、既にパパもお兄ちゃんも行ってしまった後。



起きるなりそのことを悟ってしくしく泣いていました。



どうにか身支度をし朝食をとりましたが、『いっちょにたべたかったー(ToT)』と言って震えて泣いています。



涙を出しながらもしっかりと朝御飯を食べ進めます。



食べ終わったら震えた声で、




『あのぉ、言いたいことあるからひとちゅ言ってもいい?』




どうぞどうぞ。




『ご飯足りない』




いやいや、もう保育園行ったらすぐお昼ご飯だからそれまで待って!と言っても体を斜めにして困った顔をしています。



『ジューチュ飲みたい』



と言って3杯立て続けに飲んでおもむろに登園しました。




マイペースで驚きます。




ふざけて調子がいいか、機嫌が悪いかどっちかです。



普通でいいんだけどなぁ。

4歳児が人生を考える

一昨日でしたか、弟Pちゃん4歳が保育園へ行く前に遊びたがったのですが、出発直前でした。



母『遊びたかったらもっと早く起きてご飯もさっさと食べてね。お兄ちゃんと同じ時間に(いつもより30分早く)Pちゃんの目覚ましセットする?』




P (斜めに不機嫌そうに頷く) 『寝てばかりの人生なんていやなんだよぉ』




はっ!人生語ってる!




翌日は目覚ましをセットするのを忘れましたが、隣のお兄ちゃんの目覚ましアラームでしっかり一緒に起きてきました。



今朝も保育園が休みなのにお兄ちゃんより早起きしました。



心の叫びだったのね。本当に寝てばかりの人生はいやだったんだな。


早起きは三文の徳って感覚的にわかってるってことですよね(^^;

続・全国学力検査を受けるべきか

先日の全国学力テストを受けさせるかどうかの件。


rainbowsoul.hatenadiary.com



今日早速支援学級の担任の先生からお電話をいただきました。



連絡帳にも返事が書いてありました。



先生としては、Sくんだけではなく1年生はみんな初めてで、できない子も多いので、慣れだと思うのでやらせたいとのこと。



私としては宿題で練習問題を一緒にする分にはわからなくても、例えばお金の計算などは人生で必要なのでいいのですが、なんせ全国の統一テストだからテスト中はきっと黙々と一人やるのだろし、それでこの100%読解できない問題に取り組ませるのがどうかと思うと伝えました。



そうしたら連絡帳にも書いてありましたが、担任の先生か補助の先生がついて、答えは直接教えられないけれど様子を見ると言ってくれました。



先生がついてくれてある程度教えてくれても、答えは出せないと思うのでSくんにとってはどうなのか疑問ですが、先生が受けさせたいと言ってくれて、ついていてくれるならお任せでやってみようと思いました。



可能性ですからね。親は子供に近すぎて囲ってしまって可能性の芽を摘むこともあると思うので、こんな時は軽い気持ちでお任せしてみようと思います。





ちなみに先週の期始めテストは10点!『きゃー10点だよー!』と言ってケタケタ笑ってたら一緒になって笑っていたSくん。




今回もそんな感じで取り組むのかしら?




CRTで10点取れたら逆の意味で驚きます(^^;

小1学習障害児が全国学力検査を受けるべきか考えてみる

近々SくんはCRTなる学力検査を受ける予定です。


図書文化というところが実施している学力検査のようです。



CRT|教育・心理検査|図書文化



絶対評価とあるので、その子自身の学力の確認のようですね。



木曜日辺りに支援学級の先生から電話があり、テストが厳しそう(Sくんにとって難しい)だけど、受けさせたい、宿題がその練習なので難しいから一緒に読んでやってほしい、とのこと。



確かに文章題なのでSくんは国語も算数も1問も解けません。



金曜日の宿題を今日したのですが、同じく練習問題で、読んで一緒にやっても理解すらできず。



例えば10円玉が6枚描いてあって、①6人で分けるといくらずつになるか、②3人で分けるといくらずつになるか、などの問題は具体的にお金を出して、具体的に分ける人物の名前を出して、実際に分けてもいまいち問題の意図がつかめないのか答えがわからない。


『これが10円玉なんだー!・・・60円て何?』から始まり、『同じに分けるってどういうこと?』となり、分けたあと一人いくら持ってる?と聞いても『ちょっとわっからなーい』といった具合です。




自分の子供に言葉が通じないって果てしないストレスです。(先日お風呂で脇の下を洗ってと言ったらおしりをゴシゴシしてました(ToT) )




社会に出て発達のことを回りに理解されないとやる気がないとか思われつらい思いをするんだろうな。



それ以前に、勉強はともかくお金の計算は出来ないと困るぞ。



そんな不安ばかりが出てきてしまいました。




それにしても間違いなく0点のテストって受ける意味は?




そもそもSくんは規格外なのだから一般的に言う普通の道を押し付ける方が虐待か?




心がざわざわしてつらいです。今のSくんをきちんと見てあげていない証拠でしょう。原因は自分自身の心の中。




テストのことは連絡帳に書いてみます。




受験料(2教科700円)は無駄になってもいいので、テストを受けさせたくないと。



本人はテスト中全く問題を解けずショックを受けるのが目に浮かびます。自信を失う経験をこの段階であえてする意味がわかりません。



先生にお願いしてみます。



予想しない色んな壁が次々出てくるものだなと感じてます。



縄跳びは相変わらず怪しい跳び方で10回までいきました。



rainbowsoul.hatenadiary.com



好きに飛ばせてたらカエルのような前跳びで10回しか跳べないのに『なわとび楽しい!』に変わりました。





違いを受け入れる世の中でのびのび自分らしく生きてほしいです。親としての唯一の願いです。



まずは自分がもう少しおおらかな人間にならないとな。修行です(^^;

想像力を鍛えよう!?3丁目のスピノサウルス

どうでもいい内輪ネタです。



f:id:rainbowsoul:20190109171428j:plain



冬休みの終わりに暇で、テキトーな会話で遊びました。



いつも通りSくんは食事中唐突に生き物ネタを振ってきました。



S『ねぇねぇ、スピノサウルス知ってる?』



母 (また始まった。知っとるがな。散々映画も観たし。よし!からかって遊ぼっと!)

母『あぁ~あのスピノねー』




S『???』



母『スピ野さんでしょ?3丁目の』



S『え?ちがうよ』



母『いやいや、3丁目のあのスピ野さんでしょ?ねぇPちゃん?』



P『うん、ちょう』(ノッてきた!)



S『そんなこと図鑑に書いてないよ』




母『いやいや、ここ2丁目でしょ?実はさぁ、時空の狭間にあるんだよ!3丁目!ブン!って時空間移動したらそこにいるんだよ、あのスピ野さんが!』



Sくんはひたすらキョトンとしてました。




Pちゃんとはそれ以来合言葉が、



母『3丁目のスピ野さん』
P&母『いるよねー!』になりました。




やれやれって感じですが(^^; 子供が日常的にやっている空想を自分で実践してみると割りと楽しかったです。



住んでる町は実際1丁目と2丁目だけしかないので、これで幻の3丁目が想像上出来上がりました。



今後の3丁目の発展に期待したいと思います(^^;